発表者への注意事項

口頭発表の方へ

1. 発表者は会場到着後、ご自身の発表の前までに必ず受付を済ませてください。

2. 発表形式は、PowerPointを使用した液晶プロジェクターによる一面映写を原則とします。また、発表中のパソコンの操作は、発表者の責任において行って下さい。

3. 前演者の発表が開始した後に必ず次演者席へお座り下さい。1演題の持ち時間は、13分(発表10分、質問3分)です。呼び鈴は8分に1回、10分に2回、13分に3回鳴ります。
持ち時間の13分を経過した場合は、その場で発表を打ち切って頂くこともあります。

4. 発表用PowerPoint用ファイルは、受付に準備されている学会所定のパソコンにコピーしたのち、必ずご自身で動作確認を行って下さい。なおコピーはセッション毎に定められた日時にてお願い致します。日時については大会号等に記載されているものをご参照ください。なおプレゼンテーション用のパソコンは学会本部で準備したものを使用し、それ以外のパソコンは原則として使用できないものとします。パソコンのシステムは、Windows7、PowerPoint2010となりますので、この環境で正常にファイルが動作するようご作成ください。
また当日は、PowerPointファイルのみならず、動画ファイルの原本も合わせてお持ちください。学会本部でも動画ファイル形式や再生に関して幅広く対応できる準備を整えておりますが、万が一再生できない場合はご容赦下さい。

5. PowerPointファイルに動画を埋め込む場合は、AVI形式、WMV形式など、Windows7環境下でのPowerPoint2010において再生可能であるファイル形式、なおかつ容量も極力少なくしたものをご使用ください。また当日はPowerPointファイルのみならず、動画ファイルの原本も合わせてお持ちください。学会本部でも動画ファイル形式や再生に関して幅広く対応できる準備を整えておりますが、万が一再生できない場合はご容赦下さい。

 

ポスター発表の方へ

1. 発表者は会場到着後、ご自身の発表(指定質疑応答時間)の前までに必ず受付を済ませてください。

2. ポスターのサイズは、A0版縦置き(1,189mm×841mm)の範囲内とします。

3. ポスターは、発表者の責任において掲示し、取り外して下さい。また発表者は、指定時間中ポスターの前にて質疑応答を行ってください。掲示ならびに取り外しの時間と場所、質疑応答の指定時間につきましては大会号等に記載されているものをご参照ください。

4. 掲示用のピンまたは磁石等は学会本部にて準備しております。

 

海洋人間学雑誌 投稿料無料のご案内

第7回学会大会にて口頭発表またはポスター発表が行われた演題につきましては、2018年11月30日までに海洋人間学雑誌(ISSN:2187-0691)にご投稿頂きますと、通常投稿料が原著、研究資料、報告書は1編あたり10,000円、短報は1編あたり5,000円となっておりますところ、全て無料と致します。投稿規定につきましては学会HP(http://www.jsmta.jp)をご参照下さい。